/

5月の経常黒字5407億円 4カ月連続、58%増

財務省が8日発表した5月の国際収支(速報)によると、モノやサービス、配当、利子など海外との総合的な取引状況を示す経常収支は5407億円の黒字だった。黒字は4カ月連続で、黒字額は前年同月比で58.1%増えた。円安進行で日本企業が外国株式や債券から得る配当や利子の円換算額が増加し、所得収支の黒字が拡大。輸入増による貿易赤字の拡大を補った。

所得収支の黒字は1兆5228億円で、比較可能な1985年以来、5月としては過去3番目の高水準だった。株式や債券からの投資収益が約1兆1300億円に達した影響が大きい。

旅行や特許などを中心とするサービス収支も441億円の黒字。日本を訪れる外国人客の増加で旅行収支の赤字幅が縮小したほか、企業の特許収益が前年同月比で6割増えた。

一方、貿易収支は9067億円の赤字だった。9カ月連続で赤字額が増え、5月として過去最大の赤字額となった。原子力発電所の再稼働が遅れ、原油の輸入が引き続き拡大したため。輸出は自動車などを中心に米国や中国向けが伸びたが、欧州連合(EU)やアフリカ向けなどが低調だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン