外国人客拡大へ免税店倍増 政府、新興国向けビザ緩和も検討

2014/3/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本を訪れる外国人旅行者が2013年に初めて年間1000万人の大台を突破したのを踏まえ、政府は客足や消費を一段と伸ばす政策を打ち出す。外国人向け免税店は2倍増の1万店規模をめざし、4月にも全国の出先機関に申請手続きを支援する窓口を設ける。ブラジルなどの新興国向けに観光査証(ビザ)の発給要件を緩和することも検討する。訪日客の消費拡大により、人口減で縮む内需を下支えする。

外国人旅行者は現在、税務署…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]