企業を抜き打ち監査 金融庁、不正会計防止へ新基準案

(1/2ページ)
2012/12/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業の不正な会計操作を防ぐために、金融庁が検討してきた新たな会計監査基準の原案が7日明らかになった。企業に損失隠しの疑いがある場合、事業所を抜き打ちで監査するように監査法人に求める。監査法人が代わる際には、問題点の詳細な引き継ぎも義務づける。オリンパスや大王製紙などで会計にからむ不祥事が相次いだため、監査を厳しくして株式市場の信頼回復をめざす。

金融庁は11日の企業会計審議会監査部会に新基準の原…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]