振興銀の1000万円超預金、仮払い率は25%
払戻額大幅カット、預金者の反発も

(1/2ページ)
2010/12/7付
保存
共有
印刷
その他

預金保険機構は7日、民事再生手続き中の日本振興銀行の預金者に対して、元本1000万円を超える預金の一部を仮払いする「概算払い」の比率を25%にすることを決めた。最終的な払戻額(弁済額)が確定するのは来秋になるが、融資先の経営悪化などで資産劣化が進んでおり、払戻額は元本から大幅にカットされる見通しになった。同機構は今後、旧経営陣の責任追及に本格的に乗り出す方針だ。

振興銀は9月に民事再生法の適用を申請、金融庁は初のペイオフ(預金の払戻保証額を元本1000万円とその利息までとする措置)を発動した。

預保機構は7日午後に開いた運営委員会で仮払い率を決定し、財務省・金融庁に認可された。破綻時の同行の預金者約12万人のうち、全体の2.7%にあたる3403人が仮払いの対象となる。対象額は107億円。同日記者会見した預保機構の田辺昌徳理事長は「(振興銀の)経営に大きな問題があった。預金者には残念な結果になり、申し訳ない」と述べた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]