特許出願先で日本劣勢 13年4%減、首位・中国と差

2014/5/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内外の企業、大学、発明家などが特許の出願先として日本を選ばなくなっている。主要5カ国・地域の2013年実績では、日本での出願件数は前年比4%減の32万件(暫定)で3位だった。首位の中国は同26%増の82万件と日本の2.5倍に達し、差が広がっている。企業などが中国市場でのビジネスを優先している結果とみられ、政府は審査期間の短縮などでテコ入れを急ぐ考えだ。

世界でも特に特許出願が盛んな日本、米国、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]