金融危機の防止論議論 日経センター討論会

2013/8/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済研究センターは7日、設立50周年を記念し「国際通貨体制の行方」と題した討論会を東京都内で開いた。新興国の景気減速や米量的緩和の縮小観測が市場を揺らすなかで、金融危機の再発防止に向けた体制づくりの必要性で一致した。

国際的な通貨体制研究の第一人者、米カリフォルニア大学バークレー校のバリー・アイケングリーン教授や、中国経済や金融に詳しい中国社会科学院の余永定シニアフェローが参加。アジア開発銀…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]