/

この記事は会員限定です

国際特許出願、手数料納付を便利に 特許庁に一括払い

[有料会員限定]

特許庁は企業が特許を国際出願するときに手数料を納める方法をより便利にする。特許庁と国連の専門機関である世界知的所有権機関(WIPO)に別々に払っている手数料を、特許庁に一括して払えばすむようにする。海外で企業がより積極的に知的財産を管理できる環境を整える。

国際出願するには3つの手数料を別々の窓口に支払う。まず日本の特許庁には出願情報をWIPOに送る手数料として1万円を、WIPOには国際出願料とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り295文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン