/

生活費や自宅、経営者の手元に 個人保証で全銀協・日商が指針

全国銀行協会や日本商工会議所が主催する研究会は5日、経営者自らが融資の保証人になる「経営者保証制度」を見直す指針を発表した。業績が悪化した場合でも、中小企業の経営者の手元に当面の生活費や自宅などの財産を残すことを認める。契約済みの個人保証も含め、来年2月から適用する。

研究会の座長を務めた小林信明弁護士は5日、「これまでは個人保証の追及を恐れて、中小企業がなかなか事業再生の決断に至らないことがあった」と指摘。制度の見直しが早期の経営再建につながれば、企業と金融機関の両方に利点があると強調した。

中小企業の9割弱が融資に個人保証をつけている現状を改善するため、金融機関に保証に頼らない融資の促進も求めた。やむを得ず個人保証を求める場合も、経営者に具体的に必要性を説明することとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン