少額債権支払い軽減を求める アイフルが再生計画変更

2011/12/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)による経営再建中の消費者金融のアイフルが約70の金融機関に対し、再生計画の変更を要請したことが5日分かった。毎年、最大で50億円の借り入れについて、金融機関への返済を早める代わりに、債権の最大5割まで削減を求める仕組みを要望している。顧客が過去に払いすぎた利息(過払い金)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]