「意匠権ある画面」検索可能に、特許庁 保護対象の拡大検討

2014/2/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

特許庁は商品のデザインを画像として読み込み、国に登録された画像のデータベースから似たデザインを絞り込むサービスを始める。2015年度中に導入する。

同庁は工業製品のデザインを「意匠権」として保護し、約200万件を登録している。新サービスの検索範囲は、このうち3000件の登録がある画面デザイン。デジタルカメラの液晶パネルで「夜景」や「スポーツ」など撮影シーンを設定する際の画面表示や、テレビ画面の明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]