薬ネット販売の新ルール、5日にも決着

2013/11/5付
保存
共有
印刷
その他

一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売の新ルールの政府内の調整が大詰めを迎えている。田村憲久厚生労働相は5日午前の閣議後記者会見で「今日の夜か明日朝に決着がつかないと法整備が間に合わない」と述べた。政府は成人向けの劇薬5品目と医療用医薬品から転換して間もない品目のネット販売を禁止する方向で調整している。

5日夕方、菅義偉官房長官や甘利明経済財政・再生相ら関係閣僚で最終的な協議をする見通し。今国会で一部品目を規制する薬事法改正案の成立を目指す。大衆薬のネット販売は一部品目を規制すべきだとの考えと、あくまで全面解禁を認めるべきだとの考えで政府内が対立していた。

甘利経済財政・再生相も5日、閣議後の記者会見で「閣議決定が要るので、今日を含めて今週中には決着をつけないといけない」と今日にも結論を出す意向を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]