インサイダー取引、課徴金引き上げ 金融庁検討
機関投資家の不正抑制

2012/7/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁は企業の公募増資に絡んだ増資インサイダー取引が相次いだことを受け、インサイダー規制の強化を検討する。顧客資産を運用する機関投資家への課徴金額が少なすぎるとの指摘がある。算定方式の見直しなどで課徴金を引き上げ、不正取引の抑制につなげる。

金融庁は4日に開く金融審議会(首相の諮問機関)で具体的な議論を始める。来年の通常国会にも必要な法改正案を提出する考えだ。

増資インサイダー取引を巡っては、顧…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]