農水省、コメを精米状態で保管 災害時の供給に対応

2012/4/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農林水産省は、災害時でも迅速に食料を供給できるようにするため、政府備蓄米の一部を精米状態で保管する検討に入った。現在は約90万トンある備蓄米のすべてを長期保存に適した玄米で保管しているが、すぐに食べられる精米として倉庫に備蓄。被災地域からの食料支援要請に即応できる体制を構築する。

農水省はまず今年度、備蓄用に買い入れる最大20万トンのコメのうち500トンを試験的に精米の状態で保管する。これは昨年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]