大企業の景況感が改善、9月の日銀短観 先行きは慎重

2011/10/3付
保存
共有
印刷
その他

日銀が3日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は大企業製造業でプラス2となり、前回6月調査から11ポイント改善した。プラスは半年ぶり。東日本大震災による供給制約がほぼ解消し、生産や輸出が持ち直した格好。ただ先行き3カ月を予想するDIはプラス4にとどまり、長引く円高や世界経済の減速懸念を背景に慎重な見方が多い。

企業の業況判断DIは景況感を「良…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]