/

この記事は会員限定です

ウクライナ緊迫で新興国不安再燃も 円買われやすく

[有料会員限定]

ウクライナ情勢の緊迫化を受けて、週明けの外国為替市場は神経質な展開となりそうだ。市場関係者の間では、投資家が投資に慎重な姿勢を強めて、相対的に安全な資産とされる円が買われやすいとの見方が広がる。ウクライナ情勢が深刻になれば、このところ落ち着きを取り戻していた新興国通貨の相場を再び不安定にさせる懸念もある。

円相場は2月28日の海外市場でウクライナ情勢を受けて円高が進み、1ドル=101円台後半で取引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン