2019年3月25日(月)

公的年金、円安・株高で黒字5兆円 10~12月

2013/3/1付
保存
共有
印刷
その他

公的年金の運用が改善している。運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1日、2012年10~12月期の運用実績が5兆1352億円の黒字になったと発表した。四半期でみた黒字額は過去2番目の大きさとなった。昨年11月末からの円安・株高の影響で、国内株式や外貨建てで運用している外国資産の評価益が膨らんだ。

厚生年金国民年金の積立金を運用するGPIFは、国内外の債券や株式に分散投資している。10~12月期の運用利回りはプラス4.83%。四半期で比較できる08年度以降で2番目の高さとなった。1.39%のマイナスだった4~9月期から大きく改善した。12月末時点の運用資産額は111兆9296億円で、9月末時点に比べ4兆2065億円増えた。

GPIFは年金の支払いが増え、取り崩しが進んでいる。12年度の年金の取り崩し額は6.4兆円を予定。ただ4~12月期で計3兆4949億円の運用益を上げた。今年に入ってからの円安・株高も運用に追い風となる見込みで、厳しさが増す年金財政にはプラスに働きそうだ。

10~12月期の運用資産別の収益率(市場運用分)は国内株式が16.71%、外国株式が13.78%、外国債券が13.62%と大幅に上昇した。国内債券は0.06%のマイナスだった。

GPIFは各資産の配分比率を定めている。国内債券の下限は59%、外国株式は上限が14%だ。12月末時点で国内債券が60%、外国株式は12.9%と限度に近づいている。大江雅弘審議役は1日、配分比率の見直しについて「来年度に入ったら、できるだけ早く作業をしたい」と語った。国内債券を減らし、国内株式や外国資産の引き上げを検討する。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報