/

この記事は会員限定です

フクシマ、世界の原発政策に波紋

稼働・新設計画ストップ…関連企業の株価にも影響

[有料会員限定]

福島第1原子力発電所の事故の衝撃が世界に広がっている。欧州で原発の稼働停止や新設凍結の動きが出ているほか、米国やアジアでも安全性の再点検が相次ぐ。エネルギー需給や関連企業の株価にも影響を与えそうだ。

稼働停止や計画凍結 欧州は再生可能エネルギー傾斜加速?

欧州では原子力発電推進派が猛烈な逆風にさらされている。独政府が7基の旧型原発の稼働を停止したほか、イタリアも新設論議を凍結した。1986年の旧ソ連でのチェルノブイリ原発事故では1000キロメートル以上離...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン