2019年8月20日(火)

FX、価格の透明性は業者間で差?
誤解だらけの外貨建て投資

(1/4ページ)
2011/7/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

月間の取引量が100兆円を超え、個人投資家の有力な運用手段の一つになった外国為替証拠金取引(FX)。金融庁は8月1日からレバレッジ(証拠金倍率)の上限を25倍とするなど、投機性を抑える方向で規制をかけ、投資家の裾野も広がってきた。その一方、取引そのものにいまだに不透明な部分が残るとも指摘される。

注文価格とずれ

代表例がいわゆる「スリッページ」。注文価格と約定価格がずれる現象だ。例えば投資家がネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。