法人減税、笑う内需系企業 車・電機は恩恵小さく

(1/2ページ)
2014/6/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新しい成長戦略が24日にも閣議決定される見通しだ。市場の注目度が特に高いのが、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と法人税率の引き下げ。なかでも法人減税は1株利益の増加に直結し、しかも個別銘柄ごとに恩恵は大きく異なる。投資判断に無視できない影響を与えそうだ。

「グローバル経済を勝ち抜く強い経済をつくる」。安倍晋三首相は13日の経済財政諮問会議の終了後、記者団に法人税率引き下げの狙いを語った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]