/

この記事は会員限定です

カリスマ投資家の挫折 巨星退場、逆張りの鬼は大損

マクロ環境激変、アクティブ運用苦境に

[有料会員限定]
 欧州危機などマクロ環境の変化に市場が翻弄された2011年。米国の運用業界ではカリスマ投資家たちが苦杯をなめた。かつて独自の嗅覚で個別株を選別して市場平均に勝ち続けてきたが、そのアクティブ投資に限界論がささやかれている。

ミラー氏 投信界の巨星、常勝神話崩れる

「次の世代に譲るときが来た」。こんなコメントを残し、米投資信託の業界をリードしてきたカリスマ投資家が第一線を退くことを決めた。米国を代表する運用会社レッグ・メイソンのビル・ミラー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン