/

この記事は会員限定です

時代を「総括」できなかった連赤事件 永田死刑囚死亡

[有料会員限定]

12人もの仲間をリンチによって死亡させた事実を「総括」という言葉を使って正当化しようとした連合赤軍事件。一審判決は永田洋子死刑囚について「女性特有の執拗(しつよう)さ、底意地の悪さ、冷酷な加虐趣味」と、今読むと驚くようなののしりの言葉を並べている。

リーダーだった森恒夫元被告が拘置所で自殺したため、事件の責任追及を一身に受ける状況だったことと、女性べっ視の風潮が残っていた事件当時の見方を反映したも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン