2019年2月18日(月)
速報 > おくやみ > 記事

新藤兼人氏が死去 映画監督

2012/5/30付
保存
共有
印刷
その他

「原爆の子」「裸の島」「午後の遺言状」など人間の苦悩と生きる力を描いた映画を発表し続け、日本映画界に独立プロによる自主製作の道を切り開いたことでも知られる映画監督・脚本家で文化功労者の新藤兼人(しんどう・かねと=本名、兼登=かねと)氏が29日午前9時24分、老衰のため東京都港区の自宅で死去した。100歳だった。

新藤兼人監督(中央)の100歳の誕生日を祝う(左から時計回りに)大竹しのぶさん、六平直政さん、豊川悦司さん、川上麻衣子さん(2012年4月、都内)=共同

新藤兼人監督(中央)の100歳の誕生日を祝う(左から時計回りに)大竹しのぶさん、六平直政さん、豊川悦司さん、川上麻衣子さん(2012年4月、都内)=共同

連絡先は会長を務める近代映画協会。告別式は6月3日午前11時半から東京・増上寺光摂殿。喪主は次男で映画プロデューサーの次郎氏。

広島県出身。1934年に新興キネマ(42年に大映に統合)京都撮影所に入った。出向先の興亜映画で溝口健二監督に師事し、脚本を勉強。43年、松竹大船撮影所に脚本部員として移り、応召を経て終戦後、撮影所に復帰した。

会社の依頼で書いた脚本が46年に「待ちぼうけの女」の題名で初めて映画化され、翌47年、吉村公三郎監督に脚本を提供した「安城家の舞踏会」が大ヒット。脚本家としての地位を固めた。

50年に吉村監督とともに松竹を退社し、独立プロ「近代映画協会」を設立し、翌51年、「愛妻物語」で監督デビュー。43年に亡くなった孝子夫人との下積み生活を描き、後に再婚する故乙羽信子さんの好演が光る佳作と評された。

52年、映画作家としての自由を貫くには自主製作しかないと決意し、近代映画協会と劇団民芸共同製作の「原爆の子」を発表。原爆の後遺症に苦しむ広島の人々とたくましく生きる子供たちを鮮やかに描いた。

合わせて十数人の出演者とスタッフで撮影したせりふのない実験的作品「裸の島」(60年)はモスクワ映画祭グランプリに輝いた。

80歳を過ぎても精力的に活動を続け、95年に杉村春子さんと乙羽さんの共演で人間の老いを静かに見つめた「午後の遺言状」を発表。11年には自らの戦争体験を基にした「一枚のハガキ」が公開されるなど、最期まで制作意欲は衰えなかった。

著書に「ある映画監督」「小説・田中絹代」「愛妻記」など。64年芸術選奨文部大臣賞。97年文化功労者。07年5月に日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報