政府、日本酒の関税撤廃を提案 TPP交渉
11月にも

2013/11/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る交渉で政府は日本酒の輸入関税をなくす案を参加国に示す方針を固めた。11月にも提示する。海外でつくる日本酒の関税をなくす代わりに、参加国にも日本産の輸入関税の撤廃を求める。海外でも日本酒の消費が伸びているため、日本産と海外産の価格差を縮め、政府が成長戦略で掲げた農林水産品・食品の輸出の底上げにつなげる考えだ。

農林水産省によると、フランスのワインの輸出額は201…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]