/

民主、細野・前原グループが議員争奪戦 同時刻に会合

民主党の細野豪志前幹事長は31日、国会内で自らを支持する議員らとの定例会合を開いた。「師弟関係」にあった前原誠司元政調会長とたもとを分かち、新グループ立ち上げを宣言してから初めての会合。階猛氏ら7人が出席し、細野氏は「政策をまとめるため、有識者から話を聞いていきたい」と話した。

ちょうど同じ時刻に前原氏の議員グループも国会内で会合を開いていた。細野氏の定例会は水曜日だったが、両グループを掛け持ちする議員もいたため、前原氏と同じ木曜日に移して踏み絵を迫った形。より結びつきの強い「派閥」のような集まりにする狙いがうかがえる。

一方、前原氏側の出席者は8人。これまで細野氏の会合に顔を出していた泉健太、小川淳也両氏も参加した。前原氏は「仲間に落選者もたくさんいる。生き残りに向けて支援しよう」と語った。落選者まで巻き込んだ綱引きが始まった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン