/

公的年金、4~6月期運用損2兆円 国内外の株価低迷響く

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は31日、2012年4~6月期の運用実績を発表した。国内外の株式運用が振るわず、2兆690億円の損失を計上した。損失は3四半期ぶり。運用資産額は損失や年金給付のための取り崩しで3月末に比べて5.4兆円減り、108.1兆円となった。

GPIFは国民年金厚生年金の積立金を運用しており、国内外の株式と債券に分散投資している。財投債を含む運用資産全体の利回りは、マイナス1.85%だった。市場運用する資産の収益額を四半期ベースでみると、自主運用を始めた01年度以降で過去6番目に悪い成績となった。

運用資産別では、国内株式は運用利回りがマイナス9.83%、1兆3944億円の損失となった。外国株式もマイナス7.55%、9833億円の損失を計上した。米景気減速や欧州債務危機の再燃が懸念され、株価が下落したのが響いた。

一方、債券はリスクを回避する投資家の資金が集まり、金利が低下(債券価格は上昇)。国内債券は6041億円の運用益を確保した。外国債券は、米国債やドイツ国債などで債券価格が上昇したが、円高による為替差損が生じ、3433億円の損失となった。

GPIFは年金受給者の増加に伴い、09年度から積立金を取り崩して給付に充てている。運用資産の減少は、年金給付に直ちに影響することはないが、積立金の目減りは将来見込んでいる運用益の達成を難しくする恐れがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン