2019年7月22日(月)

自然減とは

2010/7/31付
保存
共有
印刷
その他

▼自然減 死亡者数が出生者数を上回っている状態。少子高齢化の傾向をみるうえでの基礎的指標となる。これまで日本は出生者数が死亡者数を上回る自然増で推移してきたが、住民基本台帳ベースでは2006年に初めて減少に転じた。転出と転入の差を示す社会増減と異なり、出生率や平均寿命などの社会構造で決まるため、変動幅が小さい。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。