/

原発30キロ圏の損害「しっかり補償する」 官房長官

枝野幸男官房長官は31日午前の記者会見で、政府が屋内退避の指示を出している福島第1原子力発電所から20~30キロメートル圏内で事業所などが被る損害について「個人であれ事業者であれ、補償していく姿勢は明確だ」と述べた。

年度末決算の時期を控えた当面の処置としては「事実上の仮払い的、一時的なつなぎ融資を含め、関係各省で柔軟な対応をとる」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン