/

官房長官、韓国の慰安婦作品を批判 仏漫画祭で

30日、フランス・アングレームで始まった国際漫画祭で、韓国政府による従軍慰安婦をテーマにした企画展を見る人たち=共同

菅義偉官房長官は31日の閣議後の記者会見で、フランス南西部アングレームでの国際漫画祭で、韓国政府が従軍慰安婦をテーマにした企画展を実施したことについて「国際的な文化交流を促進、相互理解や友好親善の趣旨にそぐわない状況が発生するのは極めて残念だ」と批判した。

菅長官は日本の立場や従来の取り組みを英語、フランス語、韓国語で記した資料を配布するなど政府の対応も明らかにした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン