鉱工業生産、4月は1.3%上昇 5月は0.4%予想
経産省「今後の動向、注視必要」

2010/5/31付
保存
共有
印刷
その他

経済産業省が31日発表した4月の鉱工業生産指数(速報値、2005年=100)は前月より1.3%高い96.0だった。半導体や自動車関連などが伸びたため、2カ月連続で前月の水準を上回った。ただ、市場予測は下回った。5月、6月は伸びの鈍化が見込まれている。国内の政策効果が一巡してきたことなどから、企業経営者が生産計画に慎重になり始めた。経産省も「今後の動向を注視する必要がある」と指摘している。

4月の鉱工業生産指数は事前の市場予測の中央値(前月比2.5%増)を大きく下回った。経産省は基調判断を「生産は持ち直しの動きで推移している」に据え置いた。

業種別では一般機械工業が2カ月ぶりに12.0%上昇。中国や台湾など主にアジア向けの半導体製造装置やフラットパネル・ディスプレー製造装置などの生産が増加した。太陽光パネルに使われる産業用アルミニウム製品の生産増にけん引され、金属製品工業も好調だった。

一方、4月にエコポイント対象商品が切り替わった影響で、液晶テレビの生産が3.8%低下。輸送機械工業全体では0.3%増えたが、乗用車は1.6%下がり、小型乗用車は6.3%低下した。国内の環境対応車は好調だったが、海外向け生産は自動車会社によってばらつきがあったという。新学期に合わせた学校向け大量納入が終わり、ノート型パソコンの生産も18.9%下がった。

出荷指数は1.6%高い98.2で、2カ月連続の上昇。在庫指数も0.3%上昇し、94.3になった。

先行きの生産予測指数は5月に0.4%、6月に0.3%の上昇になる見通しで、生産の伸びはやや鈍化する。経産省はギリシャの金融危機について「国内製造業に影響が及ぶかもしれない」とみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]