重い認知症、特養で受け入れ 厚労省方針

2013/10/30付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は30日、特別養護老人ホーム(特養)への入所を症状の重い「要介護3」以上に限る改革案に例外をつくる方針を決め、専門部会に示した。認知症で常に介護が必要な人などは、入所を認める。給付費の膨張を抑える改革の手が緩む懸念がある。症状が軽い人の介護費用の伸びを75歳以上の人口増加率並みに抑える案も、正式に示した。

厚労省は、2015年度から特養ホームへの入所要件を厳しくし、要介護3~5の中重度…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]