/

この記事は会員限定です

規制 岩盤を崩す 「聖域」の当事者こそ改革の源

エネルギーの明日へ(4) インタビュー

[有料会員限定]

国立・国定公園内での地熱発電に関する規制が昨春、約40年ぶりに緩和され、条件付きながら一部の地域で開発が可能になった。当時の環境相だった細野豪志・民主党幹事長に規制緩和を振り返ってもらった。

――なぜ地熱発電を進めるべきだと思ったのですか。

「きっかけは大分県の八丁原の地熱発電所の視察。まず燃料がゼロなのでコストが安い。遠隔操作が可能で人件費もかからない。2年に1回パイプをきれいにすればいいので稼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン