/

この記事は会員限定です

太陽光発電コスト、20年に半減 政府が目標

[有料会員限定]

政府は太陽光発電のコストを10年間で半減する目標を掲げる。1キロワットの出力で1時間、電気を作るコストを2020年に10年の半分以下の14円に下げる。石油火力発電を下回る水準だ。太陽光パネルをより安く製造できる素材の実用化などの技術開発に政府予算を集中させ、再生可能エネルギーの普及を後押しする。

31日の総合科学技術会議(議長・安倍晋三首相)でコスト半減への工程表を示す。太陽光パネルを低価格化する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン