/

この記事は会員限定です

災害情報、携帯・カーナビに自動配信 13年秋メド

総務省、システム構築

[有料会員限定]

総務省は、自治体や関係省庁が提供する防災・災害情報を携帯電話やカーナビなど多様な端末に自動配信するシステムの構築に乗り出す。2013年秋の稼働を目指す。地震や河川の氾濫などの緊急警報がその対象地域にいる利用者に伝わる確率を上げる。端末にはシステム専用の放送チップを内蔵し、端末を操作していないときにも自動的に情報を表示できるようにする。

東日本大震災で避難指示が出た地域で、実際に避難した住民は数%程...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン