河野談話見直し発言、安倍氏が軌道修正
「有識者の知恵も借りながら」

2012/11/30付
保存
共有
印刷
その他

自民党の安倍晋三総裁は30日、従軍慰安婦問題をめぐって宮沢政権時代の河野洋平官房長官が旧日本軍の強制連行を事実上認めた河野談話の見直しに関し「有識者の知恵も借りながら考える」と述べた。安倍氏はこれまで河野談話を見直すべきだとして、自身が首相になれば新たな談話を発表する意向を示していた。

日本記者クラブ主催の党首討論会で語った。安倍氏は討論会で「人さらいのように連れていった事実があったかどうか証明されていないことは閣議決定している。それが内外に伝わっていない」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]