/

この記事は会員限定です

「原発ゼロ」前提に、今夏の電力需給の検証

[有料会員限定]

経済産業省は今夏に電力が足りるかを検証する上で、全国48基の原子力発電所が1基も動かない前提を置く方針だ。原子力規制委員会は九州電力川内原発(鹿児島県)の安全審査を優先的に進めているが、夏に再稼働が間に合うかは分からない。電力不足に備えて「原発ゼロ」の慎重な前提で検証する。

経産省の有識者会議「電力需給検証小委員会」が31日から検討を始め、4月中に結果をまとめる。川内原発が動けば九電から関西電力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン