/

この記事は会員限定です

「小沢新党」資金に課題 交付金すぐ受け取れず

[有料会員限定]

民主党の小沢一郎元代表が週明けにも離党表明する意向を固めたことを受け、新党結成をにらんだ資金調達が焦点となってきた。新党は50人規模となる見通しで、党運営には当面の活動資金のほか事務所や職員の人件費、次期衆院選の選挙費用など「全体で50億円はかかる」(首相周辺)との見方もある。国からの政党交付金をただちに受け取れる「分党」は実現性が低く、資金繰りは難しそうだ。

「お金は『お足』というだろう。正しい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り897文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン