2019年2月20日(水)

インドからレアアース3種輸入 日印が大筋合意
中国依存の脱却狙う

2012/4/30 20:36
保存
共有
印刷
その他

【ニューデリー=塙和也】日本とインド両政府は30日、ハイブリッド車など次世代自動車に用いるレアアース計3種類を今年8月から日本に輸出することを決めた。玄葉光一郎外相とクリシュナ外相ら両国の閣僚が出席した第1回閣僚級経済対話で大筋合意した。豊田通商とインドの政府系資源開発会社のインディアンレアアース社が輸出を手掛ける。

生産するのはランタン、セリウム、ネオジムの3種類のレアアースで、年間4000トンを輸出し、日本の需要(約2万7000トン)の約1割強を確保する。

それぞれ、自動車のモーターや排ガス削減のために使用される重希土類で、現在は、約9割を中国から輸入しているが、中国の輸出制限で価格が高止まりしている。インドからの輸出が実現すれば、レアアースの過度な中国依存を改善することにつながる。

保存
共有
印刷
その他

レアアース、中国依存脱却目指す

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報