/

経財相、新潟県知事と会談 安全審査の理解求めるも平行線

甘利明経済財政・再生相は30日午前、内閣府で泉田裕彦新潟県知事と会談し、東京電力柏崎刈羽原子力発電所6、7号機の安全審査申請について理解を求めた。知事は「我々から見るとそれは性能基準で安全審査にはなっていない」と主張し、平行線に終わった。

経財相は原子力規制委員会による新しい規制基準に基づく原発の安全審査について「米国ですら『厳しすぎる』という意見が出る基準だ。審査をするのは悪いことではない」と述べた。知事は記者団に「事前に避難計画と整合性のあるフィルターベント(排気)装置をつくらないと審査できないのではないか」と伝えたことを明らかにした。

茂木敏充経済産業相は経財相と知事との会談後、東電と知事側の関係修復に向けて「(知事側は)防災・避難計画に懸念を示しているようなので自治体の計画づくりを国としてしっかり支援したい」との考えを示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン