/

首相「日米関係に花を咲かせる」 震災救援活動に謝意

野田佳彦首相は29日夜(日本時間30日朝)、ワシントンの駐米大使公邸で、東日本大震災の被災地救援に取り組んだ米関係者ら約100人と懇談した。支援に感謝の意を示し「美しい花を咲かせるには日々の土づくりや水やりが欠かせない。日米関係により美しい花を咲かせるため先頭に立って努力する」と述べ、関係強化に地道に取り組む考えを示した。

首相は懇談に先立ち、宮城県石巻市で震災の犠牲になった英語指導助手、テーラー・アンダーソンさんの両親らと懇談し、哀悼の意を示した。(ワシントン=四方弘志)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン