橋下氏、衆院「小選挙区150に半減」

2012/8/30付
保存
共有
印刷
その他

地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長は30日の定例会見で、次期衆院選に向けた公約集「維新八策」に衆院議員の定数(480人)半減を盛り込むことに関連して、小選挙区を現行の300から150にする考えを明らかにした。

橋下氏は「狭いエリアで選ばれた国会議員が(広い視点で)物事を判断できない」と指摘。「小選挙区を150人とすれば、選挙区のエリアが倍になる」と述べた。

比例代表については「全国的な観点から物事を考えてくれるようになる」として、現在のブロック単位から全国区に変えたい意向を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]