/

この記事は会員限定です

知的財産保護、国際連携やルール急務

日中韓FTAが試金石

[有料会員限定]

税関はメーカーと知財侵害品の情報共有を図るなど、侵入を防ぐ対策を強化している。企業も海外で特許を取得したり訴訟を提起したりするなど対策に取り組んでいるが、抜本的な解決にはつながっていない。

知的財産に詳しい金沢工業大学の杉光一成教授は「経済協定などを活用した国際的な連携やルール作りが急務だ」と話す。

知財保護に関する枠組みは世界貿易機関(WTO)の「知的財産権の貿易関連の側面に関する協定」があるが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン