/

この記事は会員限定です

政府・与党、消費税簡易課税見直し 益税を縮小

[有料会員限定]

政府・与党は中小企業や商店の納税事務負担を軽くするための簡易課税制度を10年ぶりに見直す。来年4月の消費増税を控え、消費者が払った消費税が中小企業などの手元に残る「益税」を縮小するねらいだ。保険代理店などの金融保険業や小規模な不動産業者の納税負担が来年度から増えることになる。

政府・与党は29日、検討に着手した。制度の詳細を詰め、12月中旬にまとめる2014年度の与党の税制改正大綱に盛り込む方向だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン