/

民主両院総会、首相責任論相次ぐ

民主党は29日、憲政記念館で参院選大敗を総括するための両院議員総会を開いた。菅直人首相(党代表)は消費税増税を巡る自らの発言が敗因として陳謝したが、出席者からは「首相自ら責任を取るべきだ」などの責任論が相次いだ。首相は9月代表選まで枝野幸男幹事長ら執行部を続投させる考えを示すとともに「代表選で改めて私自身の行動も含めて判断いただく」と出馬を表明した。

首相は冒頭のあいさつで「私の消費税を巡る不用意な発言によって大変重い、厳しい選挙を強いることになったことについて、心からおわびする」と陳謝した。そのうえで「鳩山由紀夫前代表、小沢一郎前幹事長が辞任でけじめをつけ、勇断を受けて臨んだ選挙で多くの仲間が議席を失ったことに責任を痛感している」と語った。

出席議員からは首相や枝野氏、安住淳選挙対策委員長を名指しして「自己責任を取ることが必要だ」と責任を問う声が出た。「今の内閣はレームダックだ。このままでは力強い政治はできない」「総括をやり直すべきだ」と執行部刷新論も相次いだ。

質疑の締めくくりで首相は「代表でいることについての批判は理解できるが、この立場で頑張らせてほしい」と続投を表明した。人事に関しても「現在の執行部体制で少なくとも代表選までは対応させてほしい」と交代論を退けた。両院総会に小沢前幹事長は欠席した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン