日韓外相会談、開催へ 岸田外相がブルネイ到着

2013/6/29付
保存
共有
印刷
その他

【バンダルスリブガワン=桃井裕理】岸田文雄外相は29日夕(日本時間同日夜)、同日開幕する東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議に出席するため、ブルネイの首都バンダルスリブガワンに到着した。外務省は同日、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との日韓外相会談も同会議中に開くと正式発表した。

日韓の両外相が直接会談するのは第2次安倍内閣と韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権の発足後初めてで、2012年9月の国連総会の際に当時の玄葉光一郎外相と金星煥(キム・ソンファン)外交通商相が会談して以来となる。島根県の竹島や歴史認識を巡る問題で悪化した両国関係の改善に向けた動きとなり、北朝鮮への対応で連携を探る。

日韓両政府は今年4月に日本での外相会談開催を模索した。しかし、靖国神社への安倍晋三首相による真榊(まさかき)奉納や麻生太郎副総理・財務相の参拝に韓国側が反発し、尹外相は訪日を見送った。

一連の外相会議は7月2日までの日程。岸田外相は7月1日に米国のケリー国務長官、韓国の尹外相との日米韓外相会談にも臨む。

ASEAN10カ国に日中韓を加えた外相会議やASEAN地域フォーラム(ARF)などでは、中国の海洋進出など南シナ海を巡る情勢が議題になる。ARFでは南シナ海での行動を法的に規定する「行動規範」の策定に向けた議論も行われる見通しだ。

核開発など北朝鮮を巡る問題でも、日本として各国との緊密な連携を確認する方向だ。北朝鮮に向け、具体的行動を求めるメッセージを打ち出したい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]