復興増税、1日スタート 所得税の2.1%を25年間

2012/12/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災からの復興に使う予算の財源を確保するため、所得税を上乗せする「復興増税」が1日に始まる。所得税の税額の2.1%分にあたり、2037年までの25年間続く。個人住民税も14年6月から年1000円が上乗せされる予定だ。14年4月には消費増税を控え、家計は負担増が続く。復興予算の適切な執行も求められる。

政府は11年度から15年度までの5年間で約19兆円を使う復興計画を立てている。歳出削減で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]