外相、故高田警視の慰霊碑献花

2014/6/29付
保存
共有
印刷
その他

岸田文雄外相は29日、訪問先のカンボジアに到着し、1993年に同国で国連平和維持活動(PKO)に文民警察官として参加中、武装グループに殺害された岡山県警の高田晴行警視の慰霊碑に献花した。

献花後、岸田氏は記者団に「日本が初めてPKO活動に参加したのはカンボジアであり、まさに積極的平和主義の原点だ」と強調。「先人が積み重ねてきた平和国家としての歩みに立ち、より一層、国際社会の平和と安定に貢献しなければならないとの思いを新たにした」と語った。

30日には同じくカンボジアで死亡した国連ボランティアの中田厚仁さんの慰霊碑に花を手向ける。(プノンペン=共同)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]