/

この記事は会員限定です

消費増税、軽減税率「いずれ必要」 自民税調会長

[有料会員限定]

消費増税と併せて、所得が少ない人への対策が課題となる。自民党の野田毅税制調査会長は食料品などの税率を抑える軽減税率を「いずれ必要だ」と述べ、導入を検討する意向を表明。一方で2014年の8%への税率引き上げ時に給付金を配り、2段構えの対策が望ましいとの考えを示唆した。

自民・公明・民主の3党は6月、消費増税と同時に低所得層への支援策をとることで合意した。今後は8%の段階から軽減税率を採用するよう求め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン