2019年1月22日(火)

6月の消費者物価、0.4%上昇 ガソリン価格上昇鈍る

2011/7/29付
保存
共有
印刷
その他

総務省が29日発表した6月の消費者物価指数(CPI、2005年=100)は変動の大きい生鮮食品を除くベースで99.7となり、前年同月比で0.4%上昇した。3カ月連続で前年を上回ったが、伸び率は5月(0.6%)より縮まった。ガソリンや灯油の伸びがやや落ち着いたためだ。

6月はエネルギー価格の上昇が一服した。ガソリンは前年を7.1%上回ったが、5月(9.0%)に比べ上昇の勢いは鈍った。宿泊料は自粛ムードの影響が残り、3.2%下落した。食料とエネルギー価格を除いた総合指数(欧米型コア)は97.3となり、0.1%上昇した。

先行きは再び物価の上昇幅が拡大する可能性がある。総務省が同日発表した東京都区部の7月のCPI(中旬速報値)は、生鮮食品を除くベースで0.4%上昇した。伸び率は6月の0.1%から拡大した。

原油高で燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)が上がった外国パック旅行は18.2%上昇。小麦の国際価格高騰による製パン会社の値上げで、食パンは前年を2.2%上回った。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報