/

この記事は会員限定です

みんな代表「歴史認識のブレーキ役に」

[有料会員限定]

みんなの党の渡辺喜美代表は29日、安倍晋三首相に呼びかけるとしている政策課題の定例協議に関連して「我々は『歴史修正主義』の立場に立たない。首相にもその封印を解かないよう提言する」と述べた。首相の靖国神社参拝が国内外で波紋を呼ぶ中、従軍慰安婦問題などの歴史認識問題ではブレーキ役を担いたいとの意向を示したものだ。日本経済新聞の取材に答えた。

渡辺氏は年明けにも規制緩和などの政策課題を話し合う「戦略対話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン