2019年2月19日(火)

省庁「サプライズ人事」相次ぐ 官邸主導、慣例崩す

2013/6/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は28日、中央省庁の幹部人事を一斉に発表した。閣議決定の対象となる本省局長級以上だけで112人に及ぶ大量異動では、女性の積極登用や従来の慣例を覆す「サプライズ人事」が相次いだ。安倍晋三首相や菅義偉官房長官に近いとされる幹部の登用など首相官邸主導色も強まり、「人事は聖域」としてきた霞が関の常識は崩れつつある。

「2番手のポストでは目玉人事とは言えない」。6月初旬、「菅官房長官の意向」として厚生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報